■7月臨時休診日のお知らせ

7月は都合により下記の日程で臨時休診とさせていただきます。

恐れ入りますが、患者様におかれましては休診日を避けてご受診いただきますようお願い致します。

【臨時休診日】

  • 7月6日(土)
  • 7月20日(土)

2024年06月04日

◆予約のシステム変更について(2024年5月20日~)

順番予約システムがを以下のように変更になります。

 

1)耳鼻咽喉科は順番予約ができなくなります。

予約は、” 時間予約 ”のみです。

システムの都合上、5月20日(月)から当日の順番予約はできなくなりますが、時間予約は当日も取れるようになります。
※土曜日は予約がありません。診察ご希望の方は直接お越し下さい。
 

2)予約時間から30分過ぎますとキャンセル扱いになります。

予約した時間から30分過ぎた場合、自動的にキャンセルになりますので
時間前にお戻りください。

2024年05月09日

■6月担当医変更のお知らせ

6月の担当医に変更がございます。ご確認ください。

 8(土) 午前 午後  坂林先生 ⇒ 下地先生

   13(木) 午前 午後  14:00~16:00 ⇒ 近藤先生のみ

13(木) 午前 午後     16:00~17:00 ⇒ 陣内先生・近藤先生 

2024/6/4 時点

 

臨時変更・休診等が生じる場合がございます。
必要な場合は、お電話にてご確認をいただきますよう宜しくお願い致します。

2024年05月07日

◆発熱している方へ

当院では発熱している方への診療を行なっております。

ご来院前に一度お電話にてお問合せ頂きます様お願い致します。

 

2024年03月29日

車よいをするお子さんが増えている話

東京都医師会で、子供の車酔いが増えているという話がでました。

何故なのかを考えてみたのですが。
6歳ごろまでは身体の感覚神経が十分でなく、
また経験値も十分でないため、
本来は身体が次の瞬間にどこに移動しているかを
確認できないはずです。

ところが、幼児期より映像を見る機会が増えていることから
その感覚神経が早熟なのか、映像を通じて経験を踏んでいるからか
大人と同じように感覚のずれが出やすくなっているということなのか
と考えています。

2023年10月23日

◆マイナ保険証(オンライン資格確認)のご利用について

当院では、「医療情報取得加算」および「医療DX推進体制整備加算」を
2024年6月から算定させていただきます。

医療DX推進の体制に関する事項及びマイナ保険証により正確な情報を
取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めています。
マイナ保険証の利用にご協力をお願い致します。

※紙の保険証をお持ちの方もこれまで通り受診することができます。

2023年10月11日

◆スギ花粉舌下免疫療法をご希望の方へ

スギ花粉舌下免疫療法の治療薬であるシダキュアは、出荷調整のため供給が滞っています。

そのためご来院いただいた際すぐに舌下免疫療法を開始いただけない可能性がありますことご了承ください。

ダニの舌下免疫療法(ミティキュア)については問題なく開始いただけます。

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解いただきます様、お願い申し上げます。

2023年04月26日

春の過ごし方

春は気温の上下が激しく、体内のエネルギーが上下に揺さぶられます。エネルギーは上下に動きやすくなり、上へと上る傾向になります。一種ののぼせのようになり、めまいや頭痛、咳が多く出るようになります。もちろん気温差から風邪も引きやすくなります。

そのエネルギーの流れを止めてしまうのは好ましくありません。上にのぼってきたエネルギーを淀みなく、体外に流します。寒いので、マフラーを一生懸命巻きたくなるのですが、できるだけ薄い物にするか、止めるように頑張ってみましょう。

でもやり過ぎて風邪をひかないよう、注意してくださいね。

2023年03月05日

ちょっと良い話~嗅覚障害

患者さんからこういうメールをいただきました。励みになります。

**********ここから**********

いつも大変お世話になっております。
1月下旬に受験した、日本酒と焼酎のテイスティングの資格試験結果の連絡があり、無事合格致しました。資格の正式名称は「酒匠(さかしょう)」といいます。

NPO法人FBOという組織の構成団体である、SSI(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会)という会の認定によるもので、「日本酒のソムリエ」と言われる「きき酒師」の上位資格になります。

コロナの影響で、当初予定からは遅れましたが、無事合格出来たことを感謝しております。
取り急ぎご報告申し上げますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

**********ここまで**********

この方は、コロナ感染で昨年6月末の初診時には自覚的な嗅覚が30%でした。2月初旬の段階で94%とのことでしたが、受験すると聞き正直私は少し不安でした。しかし無事に合格できて本当に嬉しいと同時にホッとしています。ご報告ありがとうございました。

 

2022年02月28日

耳鼻咽喉科のがん 〜 喉頭がん

先日、声がれで来られた患者さんですが、喉頭に がん を見つけました。初診日でしたが明らかなものでしたので、大学病院に紹介したところ、すぐに手術をしてもらえました。

患部のがんはまあまあ大きかったですが、幸い転移を認めなかったようで安心しました。喉頭摘出術ですので声を失ってしまいます。しかし、ご本人は一生懸命に食道発声(飲み込んだ空気を声にして出す方法)をしようとしていて、そのうちできるようになりそうでした。

その患者さんが助かって良かったという気持ちもありますが、見落とさなくてよかったなという安堵感が強いです。がんをしばらく見ないこともありますが、どこかで見落としたのだろうか?と不安になることもあります。耳鼻科のがんには見つけにくいものもありますので、症状がある間はしつこく原因を探すことが大切だと、私たちは再確認しています。

2021年10月19日